FC2ブログ
今は何をなさっているのかわかりませんが…
2010/01/16(Sat)
鳩の小学校5、6年生の時の恩師の先生が、現在ご健在なのかもわからず。
ただ、本当に「先生」と呼べる方だったので大好きでした。

クラスでオルガンを弾き、体育の時間はピアノを弾き、ベートーヴェンて呼ばれてた。
オルガンなんて、激しく弾きすぎてコンセント抜けちゃうこともしばしば。
拳骨は連打で手加減なし。でも、優しくて、いい先生だった。
唯一の手がかりは小説を書いていたことしか…(ちゃんと雑誌に連載持っていた)

調べてみたらamazonで先生の本は売っていたんだけど、2002年発行になってる。
腰の竹光

何故これだけで先生だと分かるかといえば、表紙は娘さんが描いていたのを知っているから。
先生、沢山教え子がいるし、ちょっと天然(※結構いい加減)だったから、
憶えてないだろうしな~…お元気ならばそれだけでいい。
というか先生、うちの従姉妹の大学の先輩だわ…。
スポンサーサイト
この記事のURL | 読書 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
チョコラスクを
2009/12/28(Mon)
マツコデラックスばりのペースで読書しながらラスク
つついているので、せっかく戻したのに体重まずいわ~…でもとまらない。

今はまたヘンリー・ジェイムスの「ねじの回転」を再読中です。
一昔前の小説っぽいから、漢字が旧漢字だったり、
台詞の言い回しからして読みやすいとも言えないんだけど、嫌いではないです。



そういえば、6月から漬けていた梅酒ですが、完全放置です。
もう3ヶ月目には皺はないのに、中がぐじゅぐじゅ。嫌いな梅になっている。
どうでもよくなりました…。
氷砂糖を適当に追加しましたが、そこから放置開始です。
そろそろ混ぜようかな…梅は致命的でもお酒だけはコンドーさん飲めるもんね。
カリカリの梅がよかったのに…しくしく…
この記事のURL | 読書 | TB(0) | ▲ top
一昨日
2009/12/23(Wed)
やっと「黒猫ルーイ名探偵になる」を読み終わった。
女性推理作家はやはりアガサ・クリスティだわ。黒猫ルーイシリーズはもう読まないな…。

ハーレクイーンとかっておもしろいのかな~?
恋愛メインの小説って読もうという気がないんだよね…やっぱり推理やホラーものの方が面白い。
本屋さんのレジ前に置いてあった宮部みゆきさんの「贈る物語」?とかいう本が気になってます。


最近はいきなり冷え込みましたね。欧州では死者続出だし。雪降ってたり、こんな寒いのに
路上生活者の人達は外でダンボール生活してるんだもんな~。考えただけで恐ろしい…。
この記事のURL | 読書 | TB(0) | ▲ top
う~むむむむ
2009/12/14(Mon)
今読んでいる「黒猫ルーイ、探偵になる」がイマイチ読みすすまない。
一応は猫目線で書いている部分もあるので、つまらないわけではないんですけど。。。

「わたしが幽霊だった時」もなかなかすすまず、3年かかったので、同じ轍は踏みたくないぜよ…
「猫は七面鳥とおしゃべりする」も期待した割に途中途中にはさまれる「劇」に邪魔されて
おもしろくなかったんだよね。。。

軍配はやはり「三毛猫ホームズ」かしら。

小説といえば、ヤフーニュースに「ポアロ」シリーズの最新刊(遺作)が来春発売されるって
書いてた!なんというタイムリーなニュースかねモナミ!(と、ポアロ風に言ってみる)

最近は鳩が昔よく行っていた古本屋さんが全滅。悲しいな~
横山光輝「その名は101(全5巻)」(初版で5000円した)と、
「伊賀の影丸(全15巻?)」(1冊抜けて7000円)を売りたかったんだけど、
ブックオフは間違いなく0円。(800円したキャプテンハーロックの初版タダだったもの。)

なので、唯一残っていた初版ものレア扱いしてくれるところ探していたのに…
日曜日行ってみたら潰れてうどん屋になっていたわ…

今は久しぶりに「あさりちゃん」が読みたい。新品で全巻集めたら37800円か。。。
鳩の暴力性を培ったのは「浜野タタミ」かもしれない。頭の中身は「浜野あさり」だけどね。

おのえりこ先生の「こっちむいて!みい子」も子供向けと高をくくるなかれ、なかなか面白いです。



この記事のURL | 読書 | TB(0) | ▲ top
読んだです。
2009/12/13(Sun)
金曜日は蛇井さんのサイトで知って、前から気になっていた本を木曜日に買ったので、
夕方からそれを読み、眠くなったので更新せずでした。

「わたしが・棄てた・女」遠藤周作

感動を約束する本と書かれた帯が巻いてあった。

人それぞれではあると思いますが、私はどの部分を感動するべきなのかわかりませんでした。
ええと…約束されたはずの感動はどうしたらいいのかしら…

作者は男なので、男の気持ちはそれなりに描けます。
すばらしいところは、棄てられた女「森田ミツ」の女心を透かしたように描いているところです。

私はミツに似た部分があるから、何となくではあるけど、彼女の気持ちがわかる。
ただ、ミツは【嫌われた】ことは気づいたが、【自分が棄てられた】事に気づきもしない。
だから【棄てた】という表現が正しいのかはわかりません。

男のエゴが前面には出ていますが、皆さんにも読んでいただけたらなと思います。
この記事のURL | 読書 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ